アウトドアスクウェアTOP
アウトドアにゅうもん
キャンプ場ガイド
アウトドア特集
アウトドア入門
テントをえらぶ
タープをえらぶ
シュラフをえらぶ
ランタンをえらぶ
ストーブをえらぶ
パーコレーターをつかう
スモーカーをつかう
ダッチオーブンをつかう
アウトドアベビーカー
ファーストエイド
アウトドアクッキング
アウトドア市場
全国日帰り温泉ガイド

日帰り温泉ガイド

気軽に立ち寄ることのできる、全国の日帰り温泉施設を紹介します

ガイドを見る
全国味覚狩りガイド

味覚狩りガイド

楽しく採っておいしく食べよう!全国の味覚狩り施設を紹介します

ガイドを見る
お父さんのためのアウトドア入門 お父さんのためのアウトドア入門
お父さんのためのアウトドア入門 お父さんのためのアウトドア入門
アウトドアスクウェア アウトドアにゅうもん

タープをえらぶ


テントの次に用意したいのがタープ。 雨はもちろん、直射日光や風を遮ってくれるグッズとして是非用意したい。 タープはテント同様ポールと張綱を使って立ち上げ固定するスタイルですが、 タイプによって使用するポールの数も張綱の数も異なり設営の手間も変わってきます。

ウイング型タープ ウイング型
名前のとおり飛行機の翼のような形のタープ。
ポール・張綱の使用本数が少なく1人でも短時間に設営が可能。 コンパクトに収納ができ、持ち運びに便利。
構造的に、設営面積に対して使える面積が狭く、あまり居住性が良くないのが短所。
ヘキサゴン型タープ ヘキサゴン型
ウイング型を発展させた六角形のタープ。
角が増えた分だけ、ウイング型よりも有効面積が広くなっている。 張綱が左右ともに2ヶ所あるため強度もアップ。
レクタングラー型タープ レクタングラー型
長方形のシンプルな形のタープ。
状況に応じてさまざまなバリエーションに使い分けることが可能。 有効面積が広く居住性に富むが、設営に手間がかかるのが短所。 また、風にも弱いので張り方には注意が必要。
カーサイド型タープ カーサイド型
クルマのサイドにタープをセットするタイプ。
ポールが1本だけのものが多く設営が簡単で、風にも強い。 ワンボックス車や4WDなど車高の高いクルマでないと居住性が悪くなってしまう。

おすすめはコレ
ヘキサゴン型がおすすめ。
有効面積も比較的広く設置も簡単。
あまり明るい色を選ぶと太陽光線を透過してしまうので注意しましょう。
ここではタープに分類していませんが、テント型で四方をスクリーンで囲んだスクリーンテント型(またはスクリーンタープ型)も最近では人気が高くなっています。 こちらでタープが選べます

おすすめタープ


アウトドアにゅうもんTOPに戻る ページトップへ戻る

   
 
 
Copyright(C) OutdoorSquare All Rights Reserved.