アウトドアスクウェアTOP
アウトドアにゅうもん
キャンプ場ガイド
アウトドア特集
アウトドア入門
テントをえらぶ
タープをえらぶ
シュラフをえらぶ
ランタンをえらぶ
ストーブをえらぶ
パーコレーターをつかう
スモーカーをつかう
ダッチオーブンをつかう
アウトドアベビーカー
ファーストエイド
アウトドアクッキング
アウトドア市場
全国日帰り温泉ガイド

日帰り温泉ガイド

気軽に立ち寄ることのできる、全国の日帰り温泉施設を紹介します

ガイドを見る
全国味覚狩りガイド

味覚狩りガイド

楽しく採っておいしく食べよう!全国の味覚狩り施設を紹介します

ガイドを見る
お父さんのためのアウトドア入門 お父さんのためのアウトドア入門
お父さんのためのアウトドア入門 お父さんのためのアウトドア入門
アウトドアスクウェア アウトドアにゅうもん

ダッチオーブンをつかう


西部開拓時代のカウボーイたちが愛用していた鋳鉄製の万能鉄鍋、それがダッチオーブンです。 これ一つで煮炊きはもちろん、焼く、蒸す、揚げる、ボイルするなどなんでもこなしてくれます。

ダッチオーブン 重い蓋を裏返しおいて火にかければ優れたフライパンにもなりますし、裏返さず使えばジンギスカン鍋や韓国風プルコギ鍋にもなります。 またスタッフドチキンなどの鶏の丸物やロースとビーフの肉の塊などそのままダッチオーブンに入れ豪快に調理できるなど、 ワイルドなアウトドアクッキングが楽しめます。

なぜか普通の道具で作った時と違って料理が美味しく出来ます。 これは、鍋の厚みが分厚いことにより熱が均等に伝わるためなのです。

また蓋も分厚い鋳鉄製のため、圧力鍋的効果で、食べ物の本来の美味さを逃がさないので美味く作り上げることが出来ます。

ダッチオーブンを焚き火に放り込むと、焚き火のおき(炭が赤くおこった状態のもの)と鍋底との間に空気が流れ、炎が安定します。 ふたの上にもおきをのせ、上部からも加熱することによりオーブンとしての機能も発揮してくれます。

大きさはいろいろと用意されていますが、初めて買うなら、扱いやすく汎用性の高い10インチのものが良いでしょう。 煮込み料理はもちろん、グラタンやピザ、パン、ケーキなどアウトドアクッキングの幅が広がる事まちがいありません。


ダッチオーブンの魅力
ダッチオーブンのシーズニング
ダッチオーブンのお手入れ方法
ダッチオーブンの選び方
おすすめダッチオーブン

【ダッチオーブンを使ったクッキングレシピ】
ロールパン
ローストビーフ
ローストチキン
焼きリンゴ


アウトドアにゅうもんTOPに戻る

   
 
 
Copyright(C) OutdoorSquare All Rights Reserved.